片平歯科医院 院長ブログ

2016.01.15

くさび状欠損とは?

くさび状欠損は、歯の歯頸部(しけいぶ;くびれ部分)に起こるくさび状にえぐれた部分のことを言います。[写真左]です。
正常な状態は[写真右]です。
歯磨き粉をたくさん使って、強い力で横磨きすることなどにより、エナメル質が削れ、歯の神経近くまで及ぶことがあります。

よくある症状としては、
歯がしみる、ずきずき痛む、歯ブラシがあたるとピリピリするなどがあります。
主な原因としては、
不適切なブラッシング方法、不正なかみ合わせ、歯きしり、食いしばり、歯の汚れ(プラーク)などがあります。

不正なかみ合わせや、歯ぎしり、食いしばりがあると、
歯の歯頸部に大きな力が加わり歯に小さな傷ができ不適切なブラッシングの人は、さらに歯が削れることによってさらに状況を悪くしてしまいます。 処置方法としては、歯のかみ合わせの調整、正しい歯の磨き方にする、くさび状欠損しているところを治療し歯の形を修復することなどです。

症状が出ましたら当院までお気軽にご相談ください。

★写真はクリックしますと大きくなります

診療時間のご案内

診療時間
あさ|9:00~12:30
ごご|14:30~17:00
よる|17:30~19:30

? 0725-57-7501

●予約優先制です。お電話にてご予約ください。
※ 日曜日の診療は9:00~12:00までです。
※ 休診日|木曜日・祝日

健康保険証・各種医療証・現在服用中の薬(市販薬)、病院でもらった投薬情報(お薬手帳)をご持参ください。
また、気になる症状や質問したい点などメモをご用意頂けると診察の際、スムーズにお答えさせいただけます。
どんな小さなことでも、気になる事はお気軽にご質問ください。院長並びにスタッフが丁寧に対応いたします。

ページのトップへ戻る